上院情報特別委員会で対シリアの戦争決議投票が行われる。予想は反対票が過半数だが僅差だ。市民を味方につけるため、ルークはローレルの元彼ベン・バルデラマに反戦プロパガンダ映画の制作を依頼。その舵取りをローレルに指示する。開戦を巡り緊張感が漂う中、ルークの妻ジャーメインは臨月を迎えた。胎動が激しく、テレビにトランプが登場すると怪物のようにお腹を蹴ると聞き、ローレルは不安を覚える。

ブレイン・デッド 第10話の動画が配信されているかチェック!